自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB 環境一般の情報をアップ

中国でも大雨被害相次ぐ 空港浸水や土砂崩れの映像

中国では沿海部を中心に広い範囲で大雨による被害が続いていて、現地からは大規模な土砂崩れや道路の陥没など被害の大きさを表す映像が伝えられています。 中国では太平洋側から近づく熱帯低気圧の影響などにより、先週から沿海部を中心に広い範囲で大雨とな…

家庭生活に伴って排出されたCO2の都道府県別変動要因を特定

プレスリリース 掲載日:2018.08.08 長崎大学 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科環境科学領域の重富陽介助教、松本健一准教授、山本裕基助教らの研究グループは、日本の47都道府県における日常生活 (家庭内のエネルギー利用を対象とし、乗用車の利用を…

国内観測史上最高の気温「41.1度」を表示する埼玉県熊谷市内の温度計=7月23日

日本をはじめ北半球の各地で猛暑や熱波が続き、地球温暖化との関連も指摘されている。国連の安全保障理事会では温暖化が食糧問題の深刻化などを通じて世界の安全保障を脅かすとの議論も始まった。一方で、顕在化するリスクを前にした政府や企業の対策も進み…

アマゾンの都市 10年で気温4度上昇 森林伐採など影響か

世界的な猛暑が続いていますが、ブラジルのアマゾン地域の都市・ベレンも、連日、一日の平均気温が30度前後の日が続いています。地元の研究機関は、森林伐採などの影響で都市の中心部では気温が過去10年で4度上昇しているという研究結果を発表しました。 ww…

「しきさい」が捉えた日本の猛暑

日本の研究>>プレスリリース 掲載日:2018.08.03 宇宙航空研究開発機構今年の夏は日本各地で過去最高気温を更新するなど記録的な猛暑となっています。 2017年12月に打ち上げられた気候変動観測衛星「しきさい」の観測でも日本の酷暑の様子を捉えました。「…

国内最古 300年前のサクラの押し花など見つかる

長野県の博物館が所蔵するサクラの押し花などが、現存する植物資料としては、国内で最も古い、およそ300年前の江戸時代に作られたものであることが国立科学博物館などの調査でわかりました。専門家は「日本の植物研究の歴史を知るうえで貴重な資料だ」として…

豪で多くのコアラが餓死する事態に 餌のユーカリ不足

0時31分 オーストラリア南東部の島で森林火災を防ぐため木の伐採を進めた結果、コアラの餌になるユーカリの木が不足し、多くのコアラが餓死する事態となっています。 オーストラリア南東部のビクトリア州の島、レイモンド島にはおよそ250頭のコアラが生息し…

中国・華北平原の暑さ、2070年には生存の限界に達する恐れ

(CNN2018.08.01 ) 中国の中でも人口密度の高い華北平原は、2070年までに人間が生存できる限界の暑さに達するとの研究結果がこのほど発表された。 米マサチューセッツ工科大学で水文学と気候科学を研究するエルファティ・エルタヒル教授らが、温室効…

ポリ袋「ノー」 ケニアの挑戦

プラスチック危機ポリ袋「ノー」 ケニアの挑戦(その1) 「世界で最も厳しい」禁止法毎日新聞2018年7月30日 東京朝刊 プラスチックごみによる環境汚染が世界的な問題となる中、東アフリカのケニアで昨年8月、「世界で最も厳しい禁止法」が施行された。対象…

ラオス 建設中のダムが決壊 数百人不明か

先週から大雨が降り続いているラオスで、建設中のダムが決壊し、政府系の通信社は、数百人の行方がわからなくなっていると伝えています。 ラオスでは、先週から続く大雨によって国の全土で洪水による被害が相次いでいて、南部アタプー県では、23日夜、建設中…

WMO “地球温暖化が熱波や干ばつをより深刻なものに”

2018年7月24日 22時51分 WMO=世界気象機関は、日本を含む世界各地でこの夏異常気象が起きているとしたうえで、地球温暖化が熱波や干ばつをより深刻なものにしていると指摘しました。 http://blog.hatena.ne.jp/riibs/riibs.hatenablog.com/edit O “地球…

三峡ダムにまもなく今年に入って最大規模の洪水到達

長江水利委員会水文局が13日に発表した最新情報で、長江において2018年で第2号となる洪水がすでに長江上流で発生していることが明らかになった。予想では14日2時にも三峡ダムに洪水のピーク流量である毎秒6万1千立方メートルが到達する見込みで、これは今年…

2018年7月6日から7日に西日本に災害をもたらした雨雲の特徴

日本の研究>>プレスリリース 掲載日:2018.07.10 防災科学技術研究所平成30年7月6日から7日にかけて西日本に災害をもたらした雨雲について、気象レーダの3次元データを用いて解析しました。その結果、以下のことが分かりました。 雨雲の高さは7km程度であ…

南海トラフの経済被害試算、国家予算の14倍 食い止めに38兆、対策どうする

産経sankeibiz.,2018.7.9 大阪府北部で起きた震度6弱の地震では、大規模な水道管や家屋の損傷が生じ、減災対策の重要性を改めて示した。マグニチュード(M)9級の南海トラフ巨大地震が起きた場合、その後の20年間で、国家予算の約14倍に匹敵する14…

「プラスチックフリー」への挑戦 世界の潮流を牽引するオランダのスーパー 

「プラスチックフリー」への挑戦 世界の潮流を牽引するオランダのスーパー 三重発 世界で初めて貝の“会話”を読み解いた?![PR] プラスチック汚染は年々「待ったなし」の緊張感を増している。 今年、UNEP(国連環境計画)は世界環境デーに合わせて『使い…

ハワイ最大の淡水湖、溶岩流入で蒸発 キラウエア火山噴火

2(CNN) キラウエア火山の噴火が続く米ハワイ州ハワイ島で、溶岩が同州最大の淡水湖に流れ込み、数時間以内に湖水が蒸発したことが7日までに分かった。 https://www.cnn.co.jp/usa/35120426.html

ハワイ最大の淡水湖、溶岩流入で蒸発 キラウエア火山噴火

2(CNN) キラウエア火山の噴火が続く米ハワイ州ハワイ島で、溶岩が同州最大の淡水湖に流れ込み、数時間以内に湖水が蒸発したことが7日までに分かった。 https://www.cnn.co.jp/usa/35120426.html

イケア、使い捨てプラスチック一掃へ 店舗とレストランで全廃

2018.06.08 Fri posted at 10:25 JSTロンドン(CNNMoney) スウェーデンの家具大手イケアは7日、傘下の店舗やレストランで2020年までに、使い捨てプラスチック製品を全廃する計画を発表した。 店舗では段階的に、使い捨てのプラスチック製スト…

ハワイ島の溶岩が海に流出 海水との化学反応で有毒の“塩酸雲”が発生

5/21(月) 15:59配信 スポニチアネックス キラウエア火山の噴火に伴う溶岩の大量流出が新たな局面を迎えた。22カ所で発生した亀裂から流れ出た溶岩は20日になってハワイ島南東部の海岸に到達。AP通信によれば、溶岩は海水に到達して化学反応を起こし、…

フラミンゴ、世界遺産の湖で激減 気候変動で ケニア

東アフリカ・ケニアのナクル湖国立公園(世界遺産)で、フラミンゴの数が激減している。かつては100万羽以上が湖面一帯を桃色に染める世界的な生息地だったが、記者が4月末に訪れると千羽ほどしか確認できなかった。朝日新聞(Web版)2018年5月1日

沖縄奄美なぜ登録延期? IUCN「生物多様性は評価」

朝日新聞(Web版)2018年5月4日 国内5例目の世界自然遺産を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)は、今年の登録が厳しい状況になった。ユネスコ(国連教育科学文化機関)世界遺産委員会の諮問機関・国際自然保護連合(I…

洪水で水源消滅、多くの島が数十年で居住不能に?

温暖化による海面上昇に加え、波の作用で環礁の水源が海水化、最新研究ナショナルジオグラフィック 2018.04.27 太平洋に浮かぶ1100以上の島々からなるマーシャル諸島共和国にとって、気候変動は遠い未来の危機ではない。島々の多くを占める海抜の低い環礁は…

白神山地でも温暖化によって土壌から排出される二酸化炭素が増加 -長期の疑似温暖化実験で土壌有機物の分解が促進される-プレスリリース 掲載日:2018.04.16 弘前大学 国立環境研究所https://research-er.jp/articles/view/69841

www.spc.jst.go.jp

フィリピン人気観光地「ボラカイ島」を半年閉鎖、環境悪化で清掃

[マニラ 4日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は4日、国内有数の観光地であるボラカイ島を、26日から半年間閉鎖することを承認した。シマツ環境資源相によると、島内では施設の下水を直接海に放出する違法行為が横行しており、大統領は島を「…

ボルネオ島沖合 原油が大量流出 海洋生物が大量死!

Hazard lab 2018年04月05日 地元メディア『ジャカルタ・ポスト』などの報道によると、先月31日朝、ボルネオ島東岸のバリクパパン湾でパイプラインから流出した原油に火がついて大規模爆発が発生。火はまもなく消し止められたが、その後も油の流出はとまらず…

中国の気温上昇率が世界平均水準を上回る

人民網日本語版 2018年04月04日10:52中国気象局は北京市で3日、2018年版の「中国気候変動青書」を発表した。それによると、中国の地表の年平均気温は1901年から2017年までの間に上昇傾向を示しており、なかでも過去20年間は、20世紀初以降、最も暖かい時期と…

「PCB処分『期限』は今週末」(NHKここに注目!)

NHK解説アーカイブス.2018年03月26日 (月) 土屋 敏之 解説委員 twitterfacebookgoogle【食用油に化学物質のPCBが混入して深刻な健康被害につながった「カネミ油症」の発生から今年で50年。現在も各地に残るPCB廃棄物を処分する期限が、一部では今週…

平成29年度「第3回かべ新聞コンテスト」受賞者へ表彰を行いました!

資源エネルギー庁メールマガジン (2018/03/08) 資源エネルギー庁では、小学生のエネルギー問題に対する関心と当事者意識を喚起するとともに、学校や家庭・地域における実践行動を促すことを目的として、「わたしたちのくらしとエネルギー」をテーマに小学校…

溜め池底の泥の放射能汚染をスマホから操作して測定できる装置

-放射性セシウム濃度の深さ分布を10分で測定-プレスリリース 掲載日:2018.03.19 産業技術総合研究所国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター【研究センター長 浅…