自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB 環境一般の情報をアップ

光合成の効率が生物により大きく異なる原因を解明

光合成の効率が生物により大きく異なる原因を解明 ― CO2固定酵素ルビスコのCO2識別能に関わる構造を発見 ― 日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.03.25 神戸大学 神戸大学大学院人間発達環境学研究科の蘆田弘樹准教授は、奈良先端科学技術大学院大学の橫…

大気中のCO2を回収して資源に 環境省が実証事業へ

NHK政治マガジン 2019年3月19日 注目記事地球温暖化対策を強化するため、環境省は、大気中の二酸化炭素を直接回収し、資源として活用する実証事業を、新年度に始める方針を決めました。https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/15490.html

【時論】不法輸出で恥をかいた韓国に集まる先進国のゴミ

中央日報日本語版 2019年02月21日 韓国は今、ゴミ問題で疲弊している。中国が2018年からゴミ輸入を禁止したことで端を発した世界的なゴミ管理危機と韓国内部で累積したゴミ管理構造の危機が重なったためだ。「後の祭り」を意味する韓国のことわざ「牛を…

モンゴルの深刻な大気汚染、家族もバラバラに

AFP BB News.,2019年3月15日 【3月15日 AFP】世界一寒い首都、モンゴルのウランバートルでは、多くの人々がマイナス40度にまで気温が下がる厳しい寒さをしのぐために石炭やプラスチックを燃やしている。だが、こうして得られる暖かさには大きな代償が伴う──…

コンビニ「脱プラ」対応加速 カップを紙製、容器は種類削減で環境貢献

Sankei Biz.,2019.3.12 08 コンビニエンスストアで脱プラスチックの取り組みが加速している。ローソンはコンビニコーヒーのカップを紙製に切り替える実証実験に着手。ファミリーマートやセブン-イレブン・ジャパンもプラスチック容器の種類の削減などの対応…

発達障害リスク「農薬」に対策遅れる日本 禁止どころか緩和も

朝日新聞社 2019/03/06 発達障害の原因として農薬との関係が注目されている。1990年ごろから急速に広まったネオニコチノイド系農薬が、子どもの脳の発達に悪影響を及ぼす見解が世界で報告されているのだ。そんな恐ろしいことが指摘されているにもかかわらず…

トランプ大統領、石炭火力発電所閉鎖に反対

化学業界の話題.,knak 2019年2月13日 トランプ大統領は2月11日、国営電力会社テネシー川流域開発公社(TVA)に対し、石炭火力発電所の閉鎖を見送るよう求めた。 TVAは経済上の理由で、石炭火力から天然ガス・原子力発電や再生可能ネルギーへの移行を進めて …

ニホンライチョウに寄生する病原性原虫の新種を特定

―生息数増加に貢献、新種を「ライチョイ」と命名―日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2018.07.20 国の特別天然記念物で絶滅危惧種とされる野生ニホンライチョウの保全を目指し、生息数減少の原因を特定するため野外調査を実施しました。 中部大学 大阪府立大…

「地球温暖化 2050年"脱炭素社会"への課題(時論公論)」

www.nhk.or.jp

芝草における外来遺伝子導入の現状と将来

浅野 義人 芝草研究 1994 年 22 巻 2 号 p. 247-251 DOI https://doi.org/10.11275/turfgrass1972.22.247

マイクロプラスチック 2060年ごろまでに4倍に

5時07分 生態系への影響が懸念されている小さなプラスチックのごみ、「マイクロプラスチック」について、深刻な研究結果が示されました。日本近海などの太平洋で、2060年ごろまでに、最悪の場合、その量がおよそ4倍になると予測され、専門家は早急な対策が…

鹿児島 口永良部島で噴火 警戒レベル3継続

17日午前9時すぎ、鹿児島県の口永良部島で爆発的な噴火が起き、火口の外に大きな噴石が飛んだほか火砕流が発生し、気象庁は、噴火速報を発表しました。噴石や火砕流は人が住む地域に達しておらず、気象庁は入山規制を、、、。 NHK Web News.,2019年1月17日

人工知能を用いて地震動と低周波微動シグナルを 自動的に高精度で判別する新手法を開発

人工知能を用いて地震動と低周波微動シグナルを 自動的に高精度で判別する新手法を開発 日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.01.16 海洋研究開発機構 国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)地震津波海域観測研究…

人工知能を用いて地震動と低周波微動シグナルを 自動的に高精度で判別する新手法を開発

人工知能を用いて地震動と低周波微動シグナルを 自動的に高精度で判別する新手法を開発 日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.01.16 海洋研究開発機構 国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)地震津波海域観測研究…

1.5℃の壁を越えないために人類がなすべきこと

IPCCは最新の報告書で、地球の気温はすでに産業革命以前から1℃上昇していて、1.5℃を超えると何が起こり、それを避けるためには炭素排出の習慣をどう改める必要があるかを具体的に示した。NATURE.,2019年1月号

中国「ソウルの粒子状物質、中国でなく国内で発生」

中国「ソウルの粒子状物質、中国でなく国内で発生」 中国政府が「ソウルの粒子状物質は主にソウルで排出されている」とし、韓国の粒子状物質が中国から飛来するという韓国メディアの報道に反論した。 中央日報/中央日報日本語版] 2018年12月29日

中国大気汚染悪化にも関わらず、日本の大気質が改善していた

中国大気汚染悪化にも関わらず、日本の大気質が改善していた 〜気候的要因による2008年以降の越境汚染減少が原因〜プレスリリース 掲載日:2018.12.21 国立環境研究所 国立研究開発法人国立環境研究所の岡本祥子特別研究員、廣田渚郎特別研究員、谷本浩志室長…

フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」

2018年12月17日(月)18時00分大塚智彦(PanAsiaNews) フィリピン国民の間で反韓国、嫌韓国の感情が高まりをみせている。韓国から輸入された「再生可能なプラスチックごみ」のはずが、実は「再生不能の産業廃棄物」で、しかも約6500トンという大量のゴミだ…

COP24 パリ協定の実施ルール採択し閉幕

11時03分 地球温暖化対策の会議「COP24」は、パリ協定の実施に必要なルールを採択し、閉幕しました。今後は、このルールのもとで各国が対策を強化できるかが焦点となります。 www3.nhk.or.jp

「早期の温暖化対策を!」 COP24で研究者が講演で訴え

ポーランドで開かれている地球温暖化対策の国際会議「COP24」の会場で、温暖化による海面上昇をテーマにしたシンポジウムが開かれ、研究者が海面が上昇すれば、特に島しょ国で被害が大きくなるとして対策の必要性を訴えました。 https://www3.nhk.or.jp/n…

世界の海で死んだウミガメ、すべてにプラスチックごみ

(CNN 2018.12.07) 世界の海で死んだウミガメの内臓を調べたところ、すべてのウミガメからプラスチックごみが見つかったという調査結果が生物学会誌に発表され、深刻化する海洋プラスチック汚染の実態が改めて浮き彫りになった。 https://www.cnn.co.jp/…

ペットボトル100%リサイクルへ 業界団体が行動計画

17時04分 世界的な課題となっているプラスチックごみの削減に向けて、国内の飲料メーカーで作る業界団体が、2030年度までに家庭などから回収するペットボトルを100%リサイクルするとした行動計画をまとめました。 www3.nhk.or.jp

AIで救急出動の増加を予測させる実証実験実施へ 名古屋

AIで救急出動の増加を予測させる実証実験実施へ 名古屋4時05分 救急車が到着するまでの時間を短縮しようと、名古屋市消防局は総務省消防庁と連携して、過去のデータを基にAI=人工知能に出動が増えそうな場所を予測させる実証実験を来月から始めることを…

プラごみ削減、官民 成長産業化狙う

2018/10/28(日) 21:47配信 産経新聞 深刻な海洋汚染につながるプラスチックごみを削減する取り組みが加速している。政府はレジ袋の有料化義務づけのほか使い捨てプラスチック排出量の25%削減を目指す検討に着手し、外食チェーンはプラスチック製ストロー…

「太陽光初の一時停止 再エネの課題は」(時論公論)

NHK 解説アーカイブス.,2018年10月15日 (月) 水野 倫之 解説委員 twitterfacebookgoogle再エネ・再生可能エネルギーの普及が進む九州で、この土日、電力供給が増えすぎるとして九州電力が太陽光発電の停止を求める「出力制御」に踏み切った。北海道で起きた…

モンサント社に勝訴した理由はこれだ!

マイニュースjapan.,14:11 09/11 2018植田武智除草剤『ラウンドアップ』320億円発がん訴訟、モンサント社に勝訴した理由はこれだ! アメリカ・カリフォルニア州で先月(8月10日)、除草剤『ラウンドアップ』の使用によって悪性リンパ腫を発症したのか否かを…

オゾン層破壊物質、中国が累計28万トン削減

オゾン層破壊物質、中国が累計28万トン削減 2018年 9月18日 中国生態環境部と国連環境計画は17日、2018年中国国際オゾン層保護デー大会を開いた。生態環境部の関係者は「たゆまぬ努力により、中国はオゾン層破壊物質(ODS)を累計で約28万トン削減し、発展途…

イケア、プラ製ストロー中止へ

ごみ袋も、2020年までに イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は29日、2020年までにストローやごみ袋など使い捨てのプラスチック製品の販売を中止すると発表した。プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化する中、環境保護の取り組みを強化する。ヘレン・フォン…