自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

マングローブ植林地

マングローブ植林地におけるメタンと一酸化二窒素放出量の推定
 マングローブCDM植林プロジェクトにおいてCO2貯蔵量の長期予測のためには、植林事業によって発生すると考えられるその他の温室効果ガス(CH4、N2O)放出量の把握が必要と考えられる。そこで、マングローブ生態系から発生するその他温室効果ガスと、マングローブ植林事業の以前の環境状態からのガス放出量(ベースライン)評価ために必要なさまざまな沿岸生態系からのその他温室効果ガスの放出量について文献値を整理した。電力中央研究所 研究報告書 V09002

マングローブ成熟林のCO2固定量評価
―氾濫原における有機炭素フラックスの定量―
植林CDMプロジェクトにおけるCO2固定量の長期予測のためには、マングローブ成熟林の泥炭層におけるCO2収支の算出が必要である。そこで、マングローブ植林における長期間のCO2固定量予測を可能にするために、石垣島吹通川マングローブ成熟林における有機炭素フラックスを定量した。電力中央研究所 研究報告書 報告書番号 V08036

マングローブ成熟林のCO2固定量評価―氾濫原における有機炭素フラックスの定量―
 植林CDMプロジェクトにおけるCO2固定量の長期予測のためには、マングローブ成熟林の泥炭層におけるCO2収支の算出が必要である。そこで、マングローブ植林における長期間のCO2固定量予測を可能にするために、石垣島吹通川マングローブ成熟林における有機炭素フラックスを定量した。林におけるリター供給量はおよそ3.9 ton-C ha-1 y-1であった。 電力中央研究所 研究報告書 V08036