自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

熱帯林「6割消える」 今世紀中に保全策を/国際研究チーム

 森林保全対策を取らないと、今世紀末までにアジア、アフリカ、中南米に現存する熱帯林全体の63%が破壊され、山火事や焼き畑によって大気中に放出される二酸化炭素(CO2)は炭素換算で1755億トンに達する可能性があるとの試算を、米国、英国、オーストラリアなどの研究者で組織する国際研究チーム「陸域炭素グループ(TCG)」がまとめた。日本農業新聞(Web版)掲載日:09-12-25
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin0/article.php?storyid=881