自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

「25年後にヒマラヤ氷河消失」根拠なし? 英紙が報道

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が2007年に出した第4次評価報告書で、ヒマラヤの氷河が「このまま地球温暖化が続くと、2035年までに消失する可能性が非常に高い」とした記述について科学的根拠がなかったと、英紙サンデー・タイムズが17日付で報じた。朝日新聞(Web版)2010年1月19日
http://tinyurl.com/riibs10012001