自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

実生から大木までカバーする樹木個体呼吸推定式の開発により、炭素収支研究が飛躍的に前進

 森林総合研究所は、筑波大学琉球大学、ロシア科学アカデミースカチョフ森林研究所、ダルトン株式会社、沖縄県林業試験場、京都大学、ムラワルマン大学と共同で根を含む樹木全体の呼吸量の推定手法を開発しました。
http://tinyurl.com/riibs10012301