自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

猛暑で世界遺産がピンチ ナラ枯れ被害全国で拡大

 猛暑が森に思わぬ影響を与えている。ナラやカシ類といった広葉樹が集団枯死する「ナラ枯れ」の被害が全国的に拡大。世界自然遺産に指定された鹿児島・屋久島の森にも広がりだしたほか、東京・八丈島でも今夏、初めて被害が確認された。森の伐採が進まないため被害が広がっていたが、記録的猛暑が拍車をかけたとみられる。 MSN産経ニュース 2010.8.29