自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

「遺伝資源」利益は誰のもの? 深まる先進国と途上国の溝

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP)関連日程 動植物や微生物などの遺伝情報(遺伝資源)を元に開発された医薬品や食品などの利益を、原産国にどう配分するかの国際ルールを作る交渉が大詰めを迎えている。10月に名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の事前会合がカナダ・モントリオールで18日から開かれるが、豊かな遺伝資源の対価を得ようとする途上国と、資源を利用したい先進国との対立は根深い。MSN産経ニュース 2010.9.16