自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

遺伝資源の交渉が紛糾 議定書の適用範囲めぐり

植物や微生物といった遺伝資源を利用した医薬品開発などで生じた利益を、資源の原産国にも公平に配分するための議定書づくりを進める生物多様性条約のカナダでの作業部会は20日、議定書の適用範囲を遺伝資源以外にも広げることをめぐり紛糾、一時中断する波乱の展開となった。共同通信47News.,2010-09-17