自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

世界の脊椎動物、生息指数30%悪化 WWF報告

 国連地球生きもの会議の本会合が18日から名古屋市で開かれるのを前に、世界自然保護基金(WWF)は、世界の脊椎(せきつい)動物の生息状況を示す目安になる「生きている地球指数」をまとめた。1970年に比べ生息指数は約30%下がり、生態系の損失が進んでいた。朝日新聞(Web版)2010年10月16日