自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

【生物多様性】「議定書採択に確信」 ジョグラフ事務局長に単独インタビュー

 生物多様性条約のアフメド・ジョグラフ事務局長が17日までに産経新聞の単独会見に応じ、「条約締約国は生物多様性が失われている課題の重要性を認識しており、最終日には議定書を採択できることに確信を持っている」と強調、自信をみせた。そのうえで議定書名を「愛知・名古屋議定書」と名付けるよう提案することを明らかにした。MSN産経ニュース 2010.10.17