自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

コアラ半減、人工授精に期待 日本の動物園、豪の研究者と協力へ

 人気者コアラの減少を防ごうと、日本の動物園が生息地オーストラリアの研究者らと人工授精実施へ検討を始めた。森林開発などによる同国の野生種減少を受け、日本のコアラは1997年のピーク時から半減し、23日時点で45頭。自然繁殖の限界が指摘される中、人工授精に期待が集まっている。中日新聞(Web版)2010年10月24日 朝刊