自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

コウノトリ越前市白山で放鳥意向 知事表明、餌場造成へ

(午前7時20分)
 国の特別天然記念物コウノトリの福井県内放鳥について西川知事は26日、「来年度の放鳥・定着を目指し、越前市や地元とともに受け入れ準備を進めている。来月には越前市白山地区で餌場の整備を始める予定」と述べ、同地区で放鳥を目指す意向を明らかにした。コウノトリ野生復帰を進める兵庫県以外では国内初となる放鳥の実現に向け、同県との協議や地元の合意形成を本格化していく。

 同日開会した12月定例県会の提案理由説明の中で明らかにした。知事は「コウノトリを自然再生のシンボルと位置付けている。(放鳥の)時期や方法について兵庫県と協議している」と述べた。 福井新聞 2010年11月27日