自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

高知でも野鳥から強毒性鳥インフル検出

 環境省は31日、高知県仁淀川町の町民運動場で見つかった野鳥のオシドリ1羽から、強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)が検出されたと発表した。野鳥から強毒性ウイルスが検出されたのは昨秋以降、7地域目になる。 朝日新聞(Web版)2011年2月1日