自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

ナラ枯れ:対策求め、NPO法人が緊急提言 菅首相に提出

 広葉樹のナラ類が集団で枯れる「ナラ枯れ」の被害が広がっているため、NPO法人「森びとプロジェクト委員会」(岸井成格理事長)は15日、ナラ枯れの原因解明と対策を求める緊急提言を菅直人首相あてに提出した。

 ナラ枯れは、害虫が運ぶ菌によって幹が傷み木が枯れる現象。今年度の被害は過去最多の29都府県に及ぶ。

 緊急提言では「原因は虫だけでなく、土壌の酸性化や汚染など複合的」と指摘。林野庁が進める薬剤による防止策を見直し、土壌酸性化の調査や山に炭をまいて土壌を改良するなどの対策を求めている。さらに「日本の森を元気にするプロジェクト」(仮称)を国家戦略室内に設置し、地球温暖化対策と合わせ、森を守るための総合的な政策に取り組むよう提言している。毎日新聞(web版)2011-02-15