自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

サンゴ礁の75%が危機に 50年には消滅の恐れも

 【オーランド(米フロリダ州)共同】世界のサンゴ礁の75%が環境破壊や地球温暖化によって消滅の危機にあるとする研究結果を、国連環境計画や世界資源研究所などの国際研究チームが23日、発表した。

 このまま温暖化が進めば2050年には地球上のほぼすべてのサンゴ礁が失われる恐れがあるとしており、チームは二酸化炭素(CO2)排出削減などの対策強化を訴えている。共同通信47News.,2011-02-24