自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

中国電力による上関の海面埋立工事の即時中断を求める緊急要請

日本生態学会自然保護専門委員会
委員長・矢原徹一

 瀬戸内海周防灘長島の上関原子力発電所建設予定地において,2011年2月21日深夜から強行された海面埋立工事について,下記理由により、即時中断を求める緊急の要請を行うものである。 
 生物学研究者の組織である3つの学会(日本生態学会・日本ベントス学会・日本鳥学会)は,当該海域が世界に誇る内海の生物多様性の宝庫であり,将来の瀬戸内海の生態系の再生にとって不可欠の場所であることを,これまで再三にわたって指摘してきた。しかし,今ここで,中国電力株式会社による原子力発電所の建設計画が強引に進められている。日本生態学会 自然保護委員会のページ