自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

統計・情報技術を駆使したゲノム多型と表現型多様性の連関解析システムの開発

〔略称:生物多様性解析〕
プロジェクトディレクター: 城石俊彦

生物の自然集団から独自に採集・育成してきたマウス系統やイネ系統が示す豊富な生物多様性を対象に、統計数理技術と情報処理技術を駆使してゲノム多型と数値計測化された表現型を関連づけて遺伝子機能と遺伝子パスウェーを体系的に抽出する解析システムを開発する。上記解析システムを活用して、大学等の外部機関との共同研究により動植物のゲノム機能と生物多様性を生み出した進化メカニズムの解明を行う。 http://bit.ly/roiwa0