自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

環境微生物によるバイオマスの自然発火防止方法

出願番号 : 特許出願2006−348499 出願日 : 2006年11月28日
公開番号 : 特許公開2008−133406 公開日 : 2008年6月12日
出願人 : 渡邉 万衛 発明者 : 渡邉 万衛

【課題】 環境微生物によって、木質チップ等バイオマスから発生するメタノールガス等、可燃ガスを分解消化し、バイオマスから発生する可燃ガスに起因する自然発火の防止方法を提供する。
【解決手段】木質チップ等バイオマスを堆積保管していると、自然発火することがある。
これは木質チップの堆積保管中に、メタノールガス等の可燃ガスが発生し、当該ガスが木質チップ内部で充満し、静電気によって引火したことが原因ということがわかった。
その原因解決のための本法は環境微生物であるバチルス属を添加して、メタノールガス等の可燃ガスを分解消化して、当該ガスの発生、充満を防止して堆積保管中の木質チップの火災発生を防止する。その結果、木質チップの火災発生を防止しつつ堆積保管が可能となることを特徴とする。 ekouhou 特許公開・明細書(全文)