自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

レンジャー最前線:/4 外来生物対策が前進−−東京・小笠原

「登録が決まりました」。パリからの電話を置いた森下一男・東京都小笠原村長の声が少し緊張していました。世界自然遺産の候補地に選定されて8年。今年6月、小笠原諸島が世界で唯一無二の存在と認められた瞬間です。

 東京都心から南に約1000キロ。他の陸地と一度もつながったことのない小笠原諸島の生き物は、外部の影響をとても受けやすい生態系を形作っています。そのため、人間が持ち込んだ生き物への対策が不可欠です。
http://mainichi.jp/select/science/ranger/