自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

温暖化:アマゾン川流域、今世紀末にも干上がる?

アマゾン川流域の水資源量の増減予測
 地球温暖化の影響で、緑豊かな南米アマゾン川流域が今世紀末までに乾燥化する恐れがあるとの分析を、国立環境研究所(茨城県)のチームがまとめた。世界有数の熱帯雨林が広がる流域は、野生生物の貴重な生息地となり、二酸化炭素を大量に吸収する「地球の肺」の役割を果たしてきた。生態系の悪化や温暖化の加速が懸念されそうだ。毎日新聞(web版)2011-12-05