自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

20年から米中含む新枠組みへ 議定書継続、COP17閉幕

 地球温暖化対策を話し合う南アフリカでの気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)は11日、米国や中国を含む新たな法的枠組みを2020年から始めることを定めた工程表「ダーバン・プラットホーム」を採択。先進国に温室効果ガス削減を義務付けた京都議定書は、13年からの第2約束期間を設定して継続することを決め閉幕した。
 日本は合意に応じたが第2約束期間には参加しない方針。
共同通信47News.,2011-12-11