自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

世界遺産・小笠原諸島 わずか300頭 人間との共生模索

 小笠原にも冬が訪れ、北風が冷たく感じる日が続いている。夜になると、森の中から甲高い動物の鳴き声が聞こえる。

 その声は小笠原諸島に生息する唯一の固有哺乳類である「オガサワラオオコウモリ」だ。体長は20センチほど。MSN産経ニュース 2011.12.27