自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

世界自然遺産、新候補地選び…9年ぶり検討会

 環境省林野庁は、日本で6番目となる世界自然遺産候補地を選定するため、今春、学術的な検討会を設けることを決めた。

 「阿寒・屈斜路・摩周」(北海道)、「南アルプス」(長野、山梨、静岡県)、「阿蘇山」(熊本県)など十数か所が候補地として検討される見込みだ。読売新聞(web版)2012-02-09