自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

COP17 「BASIC」の団結が推進力に


 地球温暖化対策を話し合う南アフリカでの気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)が11日に閉幕した。今回の会議では、ブラジル、南アフリカ、インド、中国の計4カ国がつくる新興国グループ「BASIC」がアフリカグループなどの支援のもと団結し、発展途上国が最も関心を寄せる問題で足並みを揃えたことが、COP17を歴史的な成功に導く推進力となった。中国紙、新京報が伝えた。

 BASICの人口は世界人口の3分の1を占め、経済総量も莫大な規模に上る。その声が会議の進展を大きく左右することは間違いない。朝日新聞(Web版)2011年12月13日