自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

「くるくるカエデの種子」ヒントに新型風車 福島大 弱い風でもよく回る

 くるくると回転しながら落下するカエデの種子をヒントにしたプロペラで、弱い風でも効率よく回る新型風車を、福島大の島田邦雄教授(流体工学)が開発した。島田さんは「原発の問題で苦しむ福島から、新しいエネルギー技術を世界に発信したい」と意気込んでいる。MSN産経ニュース 2012.4.14