自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

尾瀬は売却の対象外、東電の保有継続決まる

 政府による資金支援の前提となるコスト削減策を盛り込んだ東京電力の総合特別事業計画が9日、枝野経済産業相の認定を受け、尾瀬国立公園内の東電保有地が資産売却の対象から外れた。
 原発事故被害者への補償金捻出のため売却も懸念されていたが、東電は、水力発電を支える電気事業資産として、保有継続を決めた。読売新聞(web版)2012-05-10