自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

流出の原因化学物質は数トンか 東京都が試算

 関東の利根川水系の浄水場で基準値を超える有害物資ホルムアルデヒドが検出された問題で、東京都は24日、原因とみられる化学物質の量が少なくとも数トンに上るとの試算を明らかにした。

 都は事業所の配管のトラブルなどで大量に流出した可能性もあるとみて、利根川水系流域のほかの自治体とも連携して汚染源を調べる。共同通信47News.,2012-05-24