自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

新規水草根圏微生物

出願番号 : 特許出願2008−99213 出願日 : 2008年4月7日
公開番号 : 特許公開2009−247279 公開日 : 2009年10月29日
出願人 : 国立大学法人 北海道大学 発明者 : 森川 正章 外2名

【課題】 芳香族系の有機汚染物質の浄化能を有する微生物、特にファイトレメディエーションによる環境中の有機汚染物質の浄化に利用可能な微生物を提供することを目的とする。
【解決手段】 水酸基を有する単環式芳香族化合物又は芳香族環の開裂反応によって芳香族環上に水酸基が生じる多環式芳香族化合物に対して分解能を有する、アシネトバクター(Acinetobacter)属微生物。本発明は、自然界に全く無害の微生物を用いて、フェノール等の環境汚染物質を浄化することができる。特に本発明の生物製剤は、環境中、特に湖沼や河川に漏出したフェノール等の環境汚染物質を、汚染された水等を回収することなく、自然環境の中で効率的かつ極めて安価に処理することができる。明細書pdf>> 発明協会・かんたん特許検索