自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

世界で異常気象、洪水や干ばつ 温暖化で増加の恐れ

 世界各地で異常気象による自然災害が相次いでいる。7月の九州北部豪雨のほか、中国、北朝鮮、ロシアで豪雨に伴う洪水が発生、多数が犠牲になる一方、米国は約60年ぶりとされる深刻な干ばつに襲われた。五輪開催中のロンドンなど欧州の一部も記録的な多雨と低温に見舞われ“天変地異”は世界的傾向。日本の気象庁は「偏西風の蛇行が要因」と指摘、地球温暖化を背景に今後、異常気象が深刻化する恐れがあると警告している。

 ロンドンの空の玄関口、ヒースロー空港では6月、降水量が111ミリを記録し、平年比237%の多雨に。共同通信47News.,2012/08/11