読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

温暖化:9月の世界平均気温 統計開始以降最高に

 気象庁は15日、9月の世界平均気温が平年より0.24度高く、統計の始まった1891年以降で最高になったと発表した。地球温暖化に加えて、今夏に発生したエルニーニョ現象や日本を含めた広い地域で高気圧に覆われたことなどが原因とみられるという。

 データは計約8300地点の地表と海水面の温度を用いた。月の平均気温の過去最高を記録したのは10年6月以来で、9月のこれまでの最高は平年を0.22度上回った09年。陸地では日本付近やシベリア、ヨーロッパ東部、北米西部、南米南部が高かった。 気象庁によると、9月の世界平均気温は100年あたり0.6度の割合で上昇している。今回の記録更新は、地球規模で10年から十数年の周期で繰り返す気温の上下変動も影響しているという。毎日新聞 2012年10月15日