自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

途上国へ環境技術輸出の好機

 原発の再稼働が進まず、温室効果ガス排出量の「25%削減」が困難な中、日本政府や産業界は途上国に日本の環境技術を提供し、その技術で達成できる温室効果ガスの削減量を日本の削減分とみなす独自のシステム「2国間オフセット・クレジット制度」の普及を狙っている。MSN産経ニュース 2012.11.22