自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

深刻化! 中国大気汚染が日本に 発がん性物質含有 毒酸性雨大規模発生の恐れ 

   深刻化する中国の大気汚染。北京市などで、肺がんなどを引き起こす微小粒子状物質(PM2・5)が大気中に蔓延し、死者を出すなど異常事態が続いている。国をまたいでの「越境汚染」も重大で、その一部がすでに日本に到達しているが、最も怖いのは大気汚染を原因とする「酸性雨」の大規模な発生だ。専門家は「森林が死滅するどころか、人体に悪影響を与える」と警告する。産経ZakZak.,2013.02.04