読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

中国大気汚染、いつから深刻化

中国大気汚染、いつから深刻化(Q&A)

 改革・開放で80年代から中国では1月、北京を中心に日本の面積をはるかに超える範囲が重度の大気汚染に覆われた。体調を崩した子どもが病院に詰めかけ、工場停止など経済にも大きな影響を与えつつある。原因や今後の対策などを探った。日経ニュース(Web版)2013-02-05

 

北京、久しぶりの青空 大風で汚染物質吹き飛ぶ 

 先月下旬から深刻な大気汚染に覆われていた北京では1日朝、久しぶりの青空が広がった。同日未明からの大風で大気中に含む汚染物質が吹き飛んだためだ。小雨が降ったことも汚染解消につながった。北京周辺では汚染解消のため人工降雨も実施したようだ。日経ニュース(Web版)2013/2/2