自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

PM2・5高濃度で外出自粛、環境省が指針案

 中国からの飛来が懸念されている微小粒子状物質(PM2・5)について、環境省は18日、大気中の濃度が高くなった場合に外出や屋内の換気を控えるなど、注意喚起のための指針を作ることを決め、専門家会合で骨子案を示した。

 指針は月内にまとめる。 読売新聞(web版) 2013-03-19