読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

民間航空機を利用した観測で上空の二酸化炭素濃度の短周期変動が明らかに

 (独)国立環境研究所、気象庁気象研究所、カナダ・ヨーク大学の研究グループは、平成25年1月21日、民間航空機による大気観測プロジェクトCONTRAIL※1により得られた二酸化炭素(CO2)濃度の高頻度観測値から、成田上空(地表付近から高度約10kmまで)におけるCO2濃度の総観規模の変動※2の季節ごとの特徴や高度変化に関する研究成果を公表した。
EICネット
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&oversea=0&serial=29142