読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

中国の温暖化政策の動向と今後の展望 2009

―企業・政府・民間への個別アプローチが重要に―
大和総研・経営戦略研究所 研究員 横塚 仁士

中国は二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの世界最大級の排出国でありその動向に注目が集まっている。中国は大量にエネルギーを消費する構造にあるため、中国の温暖化政策はエネルギー効率化などの「省エネルギー」と「再生可能エネルギー」の普及が中核となっている。この両分野においては政府による法整備や政策の実施などにより一定の成果を挙げている。DIRレポート 2009年5月25日