読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

PM2.5と黄砂 発がん性高い物質に変化

 大気中の汚染物質PM2.5と黄砂が混ざると、より発がん性が高い物質に変化することが金沢大学などのグループの研究で分かり、研究グループは「PM2.5と黄砂が、共に多く観測されるこれから4月ごろまでは、より注意が必要だ」と呼びかけています。NHK News web.,2014年3月28日