自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

放鳥のトキが繁殖期 「抱卵」相次ぐ

野生復帰を目指して新潟県佐渡市で自然に放されたトキが繁殖期に入り、つがいで巣を作ったり卵を温めたりする姿が相次いで確認され、3年連続となる自然界でのひなの誕生に期待が高まっています。

環境省によりますと、1日午前、5歳のオスと3歳のメスのつがいが佐渡市の林に巣を作り、卵を温める「抱卵」と呼ばれる行動を取っているのが確認されたということです。NHK News web.,2014年4月2日