自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

地球全体の二酸化炭素濃度 初めて400ppm超

地球全体の二酸化炭素の濃度が上昇し、去年12月に初めて400ppmを超えたことが、日本の人工衛星の観測で分かりました。このままでは集中豪雨や干ばつなどの異常気象のリスクが増すとして、環境省は温暖化対策を急ぐ必要があると警告しています。NHK ニュースweb,2017年5月22日