自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

「オゾン層に回復の兆し」 米研究グループ

 

有害な紫外線を遮る南極上空のオゾン層が破壊され、穴があいたような状態になるオゾンホールの面積が、過去15年間で400万平方キロメートル余り縮小し、オゾン層が回復する兆しを見せているとする研究結果を、アメリカの大学などのグループがまとめました。NHKニュース.,2016年7月1日