読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

南極のオゾンホール縮小を初めて確認


フロン規制の効果実る、「歴史的快挙」と研究者


ナショナル・ジオグラフィック 2016.07.04


 南半球のオゾンホールを30年にわたって観察してきた科学者たちが、ついに南極のオゾンホール(オゾン層の穴)が縮小していることを確認した。

 オゾンホールの大きさは気象や火山活動の影響を受けて毎年変化するため、回復の傾向を見てとるのは難しい。科学者たちは、オゾン層は2000年前後から比較的安定していて、徐々に回復する傾向にあると考えていたが、2015年10月にはオゾンホールの大きさが過去最大になってしまった。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070400248/?n_cid=nbpnng_fbed