読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

日本の生物多様性の変化を評価する手法の開発


本の森林性の生物について新たに開発した指数を用い、日本の森林は過去数十年間に急激な種数の減少はなかったものの、生物多様性は変化していることを明らかにしました。
担当機関
(独)森林総合研究所

http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025998