自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

石炭火力発電でCO2回収実験へ 環境省、今年度から

 

 環境省は25日、地球温暖化対策で、石炭火力発電所の排ガスに含まれる二酸化炭素(CO2)を回収、固定する技術(CCS)の実証実験を、福岡県内で今年度から始めると発表した。1日あたり600トン前後のCO2を回収する予定で、国内で初の大規模な実証実験という。 朝日新聞(Web版)2016年7月25日