自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

フラミンゴ、世界遺産の湖で激減 気候変動で ケニア

 東アフリカ・ケニアのナクル湖国立公園(世界遺産)で、フラミンゴの数が激減している。かつては100万羽以上が湖面一帯を桃色に染める世界的な生息地だったが、記者が4月末に訪れると千羽ほどしか確認できなかった。朝日新聞(Web版)2018年5月1日