自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB 環境一般の情報をアップ

プラごみ削減、官民 成長産業化狙う

2018/10/28(日) 21:47配信 産経新聞
 深刻な海洋汚染につながるプラスチックごみを削減する取り組みが加速している。政府はレジ袋の有料化義務づけのほか使い捨てプラスチック排出量の25%削減を目指す検討に着手し、外食チェーンはプラスチック製ストロー廃止に動き始めた。日本が議長国を務める来年の20カ国・地域(G20)首脳会議に向け、官民挙げてプラごみ削減で世界をリードしたい考えだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000584-san-bus_all

「太陽光初の一時停止 再エネの課題は」(時論公論)

NHK 解説アーカイブス.,2018年10月15日 (月)

水野 倫之 解説委員

twitterfacebookgoogle
再エネ・再生可能エネルギーの普及が進む九州で、この土日、電力供給が増えすぎるとして九州電力太陽光発電の停止を求める「出力制御」に踏み切った。
北海道で起きたような大規模停電・ブラックアウトを防ぐために必要な措置だと電力会社や政府は説明。一方でせっかく電気を生み出せるのに「もったいない」という声も聞かれ、再エネの事業者も収益への影響を心配。
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/307302.html

モンサント社に勝訴した理由はこれだ!

マイニュースjapan.,14:11 09/11 2018植田武智
除草剤『ラウンドアップ』320億円発がん訴訟、モンサント社に勝訴した理由はこれだ!

 アメリカ・カリフォルニア州で先月(8月10日)、除草剤『ラウンドアップ』の使用によって悪性リンパ腫を発症したのか否かを争った裁判があり、被告モンサント社に対して約2億9000万ドル(320億円相当)の損害賠償金の支払いを命じる評決が下された。化学物質被害の裁判では日米間で雲泥の差があり、日本では、たばこによる肺がんの訴えにおいても認められていないのが現状。日米の裁判制度に詳しい弁護士によれば、日米の決定的な違いは、陪審員裁判制度と、徹底した証拠開示制度にある。当該訴訟において、陪審員がどのような証拠に基づいてラウンドアップの発がん被害を認めるに至ったのかを、原告側弁護士が開示している膨大な資料より整理し、被害者救済を進めるために必要な日本の裁判制度の改善点を探った。

http://www.mynewsjapan.com/reports/2415

オゾン層破壊物質、中国が累計28万トン削減

オゾン層破壊物質、中国が累計28万トン削減

2018年 9月18日

 中国生態環境部と国連環境計画は17日、2018年中国国際オゾン層保護デー大会を開いた。生態環境部の関係者は「たゆまぬ努力により、中国はオゾン層破壊物質(ODS)を累計で約28万トン削減し、発展途上国過半数を占めた」と表明した。人民日報が伝えた。

www.spc.jst.go.jp

https://www.spc.jst.go.jp/news/180903/topic_2_05.html

イケア、プラ製ストロー中止へ

ごみ袋も、2020年までに

 イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は29日、2020年までにストローやごみ袋など使い捨てのプラスチック製品の販売を中止すると発表した。プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化する中、環境保護の取り組みを強化する。ヘレン・フォン・ライス社長が同日、東京都内で行った事業説明会で明らかにした。

https://this.kiji.is/407392785253680225?c=3954674183946240

1

温室効果ガス観測衛星「いぶき2号」10月に打ち上げ


環境省は、地球温暖化につながる温室効果ガスを宇宙から観測する人工衛星「いぶき2号」を、ことし10月29日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げると発表しました。

「いぶき2号」は、9年前に打ち上げた「いぶき」の後継機で、環境省JAXA宇宙航空研究開発機構などが開発し、温室効果ガスの二酸化炭素やメタンガスなどを宇宙から観測することができます。

www3.nhk.or.jp