自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

ロンドン下水管に「怪物級」の油脂の塊 重さ130トン、長さ250m

ロンドン下水管に「怪物級」の油脂の塊 重さ130トン、長さ250m 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

スイス南部で氷河雪崩の恐れ、近隣住民200人以上が避難

9/10(日)20:22配信AFP =時事

【スイス】氷河雪崩が発生する恐れがあり、住民数百人が避難する事態となっている。地バレー(バレー)州の警察当局によると、巨大な氷塔(セクック)がすぐにでも崩壊してねなという状態だと。

http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventrylist.do?entry_ym=201709

スイス南部で氷河雪崩の恐れ、近隣住民200人以上が避難

9/10(日) 20:22配信 AFP=時事

【AFP=時事】スイス南部のトリフト(Trift)で氷河雪崩が発生する恐れがあり、住民ら数百人が避難する事態となっている。地元バレー(Valais)州の警察当局によると、巨大な氷塔(セラック)がすぐにでも崩壊しかねなない状態だという。

http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventrylist.do?entry_ym=201709

日中韓 外来生物対策で共同声明を採択


15時29分
日中中3か国の環境大臣による会合が韓国で開演され、強毒を持って特定外来生物の「ヒアリ」が中国から日本各地に流入しているとみれる事を念頭に外来生物への対策に連動して取り組んでいくことを確認する共同声明を採取しました。

www3.nhk.or.jp

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170825/k10011112201000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_007

長崎県対馬において、カワウソを発見!

 

九州北部豪雨における農業用ため池の減災機能を現地調査

農学部・毛利栄征教授、九州北部豪雨における農業用ため池の減災機能を現地調査

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.08.10
茨城大学

茨城大学農学部地域総合農学科の毛利 栄征 教授は、平成 29 年 7 月九州北部豪雨における農業用ため池の被災状況を現地調査しました。その結果、農業用ため池の設置そのものが洪水の誘因となったのではなく、流木や土砂の流入による水位上昇から越流や決壊につながったことが確認されました。また、ため池が土石流を貯留することにより、減災につながった可能性があることがわかりました。
この調査は、福岡県朝倉市などで大きな被害をもたらした平成 29 年 7 月九州北部豪雨の発生を受けて、農林水産省九州農政局の支援のもと、8 月 2 日~3 日、7 つのため池を対象に実施したものです。

https://research-er.jp/articles/view/61611

日本の害虫、スイスで初発見…温暖化で欧州北上

 【ジュネーブ=笹沢教一】スイス南部で、ブドウなどの果樹作物を食い荒らす日本在来種の害虫マメコガネが今夏、スイスで初めて発見された。

 温暖化に伴い、ヨーロッパを北上して生息域を広げているとみられ、当局が警戒を強めている。

https://www.youtube.com/watch?v=THctUU7hX0k

www.yomiuri.co.jp