自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB 環境一般の情報をアップ

1.5℃の壁を越えないために人類がなすべきこと

 

IPCCは最新の報告書で、地球の気温はすでに産業革命以前から1℃上昇していて、1.5℃を超えると何が起こり、それを避けるためには炭素排出の習慣をどう改める必要があるかを具体的に示した。NATURE.,2019年1月号

中国「ソウルの粒子状物質、中国でなく国内で発生」

中国「ソウルの粒子状物質、中国でなく国内で発生」

中国政府が「ソウルの粒子状物質は主にソウルで排出されている」とし、韓国の粒子状物質が中国から飛来するという韓国メディアの報道に反論した。 中央日報/中央日報日本語版] 2018年12月29日

中国大気汚染悪化にも関わらず、日本の大気質が改善していた

中国大気汚染悪化にも関わらず、日本の大気質が改善していた 〜気候的要因による2008年以降の越境汚染減少が原因〜
プレスリリース 掲載日:2018.12.21
国立環境研究所
国立研究開発法人国立環境研究所の岡本祥子特別研究員、廣田渚郎特別研究員、谷本浩志室長らは、1990年代から急激な増加傾向が続いていた日本周辺の春季対流圏オゾン濃度が、2010年前後に続いたラニーニャ的気候パターンによって減少していたことを明らかにしました。

https://research-er.jp/articles/view/76226

フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」


2018年12月17日(月)18時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

フィリピン国民の間で反韓国、嫌韓国の感情が高まりをみせている。韓国から輸入された「再生可能なプラスチックごみ」のはずが、実は「再生不能の産業廃棄物」で、しかも約6500トンという大量のゴミだったからだ。韓国の送り業者がはっきりしない中、行き場を失ったハングルのかかれた大量のゴミは集積所などで悪臭を放ち、蚊やハエを発生させ、周辺住民に深刻な影響を与え始める環境問題に発展している。

www.newsweekjapan.jp

COP24 パリ協定の実施ルール採択し閉幕

11時03分

地球温暖化対策の会議「COP24」は、パリ協定の実施に必要なルールを採択し、閉幕しました。今後は、このルールのもとで各国が対策を強化できるかが焦点となります。

www3.nhk.or.jp



「早期の温暖化対策を!」 COP24で研究者が講演で訴え

ポーランドで開かれている地球温暖化対策の国際会議「COP24」の会場で、温暖化による海面上昇をテーマにしたシンポジウムが開かれ、研究者が海面が上昇すれば、特に島しょ国で被害が大きくなるとして対策の必要性を訴えました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181213/k10011745171000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_017



世界の海で死んだウミガメ、すべてにプラスチックごみ


(CNN 2018.12.07) 世界の海で死んだウミガメの内臓を調べたところ、すべてのウミガメからプラスチックごみが見つかったという調査結果が生物学会誌に発表され、深刻化する海洋プラスチック汚染の実態が改めて浮き彫りになった。

https://www.cnn.co.jp/world/35129777.html