自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

添加剤及び汚染土壌及び/又は汚染地下水の浄化方法


出願人: 栗田工業株式会社google_iconyahoo_icon
発明者: 奥津 徳也

出願 2004-332453 (2004/11/16) 公開 2006-142140 (2006/06/08)


【要約】【課題】嫌気性微生物の働きを利用した有機塩素化合物による汚染土壌等の浄化処理に要する期間を短縮すること。【解決手段】トリクロロエチレン等の有機塩素化合物で汚染された土壌及び/又は地下水に、前記有機塩素化合物の分解に関与する脱塩素化菌等の増殖を促進する添加剤として、有機酸系の物質と、たんぱく質系の物質と、を含む添加剤を用いる。有機酸系の物質としては、クエン酸及び/又はその塩のような有機酸及び/又はその塩を用いることができる。たんぱく質系の物質としては、酵母エキスやペプトンのようなたんぱく質及び/又はその加水分解物を用いることができる。

 

http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2006142140/



「再生エネルギー100%」実現性は? 本気で目指す企業と世界的な取り組み




「再生エネルギー100%」実現性は? 本気で目指す企業と世界的な取り組み
[イメージ写真]自社の事業にかかる電力を風力や太陽光発電などの再生可能エネルギーだけでまかなおうとする取り組みが世界的に始まっている(アフロ)
「わが社は100%再生可能エネルギーの電気しか使いません」

 このような発言を聞いてどう思いますか? 小さな会社なら、それほど難しくはないかもしれません。しかし実は、コピー機販売などの大手企業リコーが、世界中で展開する事業に必要な電力のすべてを、2050年までに再生可能エネルギーだけでまかなうと宣言しているのです。The PAGE.,2017-07-23

北方ユーラシア林野火災による気候や環境への影響は想定以上か


- 耕作地の焼失面積は87%が未評価 -

北方ユーラシア林野火災による気候や環境への影響は想定以上か
―耕作地の焼失面積は87%が未評価―

 

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)地球環境観測研究開発センターの朱春茂ポストドクトラル研究員らは、地球温暖化に影響するブラックカーボン粒子の主要発生源の一つである、北方ユーラシア(ロシア及びカザフスタン)の林野火災に関する焼失面積を精密に評価したところ、耕作地で大幅な過小評価となっていることを見出しました。これにより、北方ユーラシアの林野火災による気候や環境への影響は、現在の想定以上である可能性を指摘しました。

http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20170705/

http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20170705/

 

大型のカミキリムシが日本侵入し被害拡大 | NHKニュース

www3.nhk.or.jp

トルコに熱波、南部は過去最高45.4度 森林火災も(AFP=時事)

headlines.yahoo.co.jp

大気中の粒子成長の鍵となるプロセスを解明

大気中の粒子成長の鍵となるプロセスを解明
プレスリリース 掲載日:2017.04.07
国立環境研究所
国立環境研究所環境計測研究センター反応化学計測研究室の 江波 進一 主任研究員、米国カリフォルニア工科大学のAgustín J. Colussi 客員研究員らの研究グループは、気体と液体の境界(気液界面)に存在する化学種を選択的に検出することのできる実験手法を用いて、気液界面に生成するクリーギー中間体※1の反応機構の解明に世界で初めて成功しました。
https://research-er.jp/articles/view/57274