自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

井の頭池:水抜いたらスッポンが 在来種増、ゴミは大幅減

毎日新聞 2018-01-15

東京都立井の頭公園武蔵野市三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除する「かいぼり」が行われている。13日は水位が膝下まで下がった池で、市民ボランティア約100人が魚や亀を捕獲。駆除する外来種保全する在来種に選別した。

www.msn.com

 



AIが2つの太陽系外惑星を発見 NASA

 米航空宇宙局(NASA)は14日、米IT大手グーグルが開発した人工知能(AI)の助けを借りて、新たに2つの太陽系外惑星を発見したと発表した。AIを活用して見つけた初めての惑星だとしている。

www.sankei.com

北極の温暖化が「新たな常態」に、地球全体に影響も NOAA年次報告書


2017年12月13日 13:07 発信地:マイアミ/米国

www.afpbb.com

尖閣の生態系調査要請=沖縄・石垣市議会


時事通信 / 2017年11月29日 16時27分

 沖縄県石垣市尖閣諸島魚釣島で、外部から持ち込まれたヤギが大量繁殖し、生態系に大きな影響を与えているとして、同市議会の仲間均副議長らは29日、外務、防衛両省を訪れ、速やかに上陸調査を行い、適切な処置を講じるよう要請した。米軍の輸送機オスプレイをめぐる事故やトラブルが相次いでいることを受け、安全管理の徹底なども求めた。
https://news.infoseek.co.jp/article/171129jijiX525/

ホーキング博士「人類の残り時間はあと100年」

ホーキング博士「人類の残り時間はあと100年」…北朝鮮の核脅威で900年短縮か

Business Journal / 2017年11月27日 16時0分

写真

 

 

 トランプ米大統領による初のアジア歴訪では、北朝鮮問題が主たるテーマとなった。北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長が「グアムにもアメリカ本土にもミサイルを撃ち込める」と豪語すれば、トランプ大統領は「いつでも攻撃できる態勢が整っている」と応答。まさに「言葉のミサイル」が飛び交う異常事態である。日本にとっても看過できない状況である。「あらゆる選択肢を用意している」と豪語するトランプ大統領だが、経済制裁と軍事的圧力で金委員長の行動をどこまで変えることができるのか。

news.infoseek.co.jp

 

 

石炭火力全廃へ20か国と7組織が連合

 
化学2017年11月20日 07:01) 
英国とカナダの両政府は11月16日、ボンで開催中の第23回気候変動枠組み条約締約国会議(COP 23)で、CO2 排出量が多い石炭火力発電所からクリーンエネルギーへの移行を促す国家連合 "Powering Past Coal Alliance" を立ち上げたと発表した。

20カ国と米国の2州、カナダの5州・市の27国・組織が参加、CO2を回収・貯留する設備がない従来型の石炭発電の速やかな全廃を目指す。
1年後のCOP 24までに参加国・組織を50に伸ばす計画。

http://blog.knak.jp/2017/11/-207-111623cop-23co2-powering-past-coal-alliance.html

野生生物資源管理と生物多様性の保全

2010年度大会シンポジウム記録「野生生物の社会経済的利活用と生物多様性保全

松田 裕之, 赤嶺 淳

哺乳類科学 Vol. 51 (2011) No. 1 P 113-115

http://doi.org/10.11238/mammalianscience.51.113