自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB 環境一般の情報をアップ

オゾン層破壊物質、中国が累計28万トン削減

オゾン層破壊物質、中国が累計28万トン削減

2018年 9月18日

 中国生態環境部と国連環境計画は17日、2018年中国国際オゾン層保護デー大会を開いた。生態環境部の関係者は「たゆまぬ努力により、中国はオゾン層破壊物質(ODS)を累計で約28万トン削減し、発展途上国過半数を占めた」と表明した。人民日報が伝えた。

www.spc.jst.go.jp

https://www.spc.jst.go.jp/news/180903/topic_2_05.html

イケア、プラ製ストロー中止へ

ごみ袋も、2020年までに

 イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は29日、2020年までにストローやごみ袋など使い捨てのプラスチック製品の販売を中止すると発表した。プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化する中、環境保護の取り組みを強化する。ヘレン・フォン・ライス社長が同日、東京都内で行った事業説明会で明らかにした。

https://this.kiji.is/407392785253680225?c=3954674183946240

1

温室効果ガス観測衛星「いぶき2号」10月に打ち上げ


環境省は、地球温暖化につながる温室効果ガスを宇宙から観測する人工衛星「いぶき2号」を、ことし10月29日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げると発表しました。

「いぶき2号」は、9年前に打ち上げた「いぶき」の後継機で、環境省JAXA宇宙航空研究開発機構などが開発し、温室効果ガスの二酸化炭素やメタンガスなどを宇宙から観測することができます。

www3.nhk.or.jp



使い捨てレジ袋、ストローの次は…風船が使用禁止になるらしい

湯木進悟 
すべては過去の思い出に?

空に風船を放ち、はかない夢を託しただなんて経験は、もうこれからの子どもたちにとって、かなわぬ夢となってしまうのかもしれません。いま米国では、風船を禁止しようという動きが、にわかに注目を集めているんです。 

www.msn.com



コンタクト、プラごみの一因か 米の下水に年間33億枚


8/22(水) 12:18配信 朝日新聞デジタル


コンタクト、プラごみの一因か 米の下水に年間33億枚
 米国の下水に流されているコンタクトレンズは年間最大33億枚に達する――。そんな推計を米アリゾナ州立大の研究チームが19日、米化学会で発表した。細かく砕けて環境汚染の原因になるマイクロプラスチックを増やしている可能性があるとして注意を呼びかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000033-asahi-int

 

中国でも大雨被害相次ぐ 空港浸水や土砂崩れの映像

中国では沿海部を中心に広い範囲で大雨による被害が続いていて、現地からは大規模な土砂崩れや道路の陥没など被害の大きさを表す映像が伝えられています。

中国では太平洋側から近づく熱帯低気圧の影響などにより、先週から沿海部を中心に広い範囲で大雨となっていて、各地で大きな被害が出ています。NHK News Web.,2018年8月13日