自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

添加剤及び汚染土壌及び/又は汚染地下水の浄化方法

出願人: 栗田工業株式会社google_iconyahoo_icon発明者: 奥津 徳也 出願 2004-332453 (2004/11/16) 公開 2006-142140 (2006/06/08) 【要約】【課題】嫌気性微生物の働きを利用した有機塩素化合物による汚染土壌等の浄化処理に要する期間を短縮すること。【…

「再生エネルギー100%」実現性は? 本気で目指す企業と世界的な取り組み

「再生エネルギー100%」実現性は? 本気で目指す企業と世界的な取り組み[イメージ写真]自社の事業にかかる電力を風力や太陽光発電などの再生可能エネルギーだけでまかなおうとする取り組みが世界的に始まっている(アフロ)「わが社は100%再生可能エネルギ…

北方ユーラシア林野火災による気候や環境への影響は想定以上か

- 耕作地の焼失面積は87%が未評価 - 北方ユーラシア林野火災による気候や環境への影響は想定以上か―耕作地の焼失面積は87%が未評価― 国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)地球環境観測研究開発センターの朱春茂ポ…

http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20170705/

大型のカミキリムシが日本侵入し被害拡大 | NHKニュース

www3.nhk.or.jp

トルコに熱波、南部は過去最高45.4度 森林火災も(AFP=時事)

headlines.yahoo.co.jp

大気中の粒子成長の鍵となるプロセスを解明

大気中の粒子成長の鍵となるプロセスを解明プレスリリース 掲載日:2017.04.07 国立環境研究所国立環境研究所環境計測研究センター反応化学計測研究室の 江波 進一 主任研究員、米国カリフォルニア工科大学のAgustín J. Colussi 客員研究員らの研究グループは…

地球温暖化を言い出したのは米国人ではない

2017年1月16日 (月)トラックバック野郎地球温暖化を言い出したのは米国人ではない 「原発の父」茅誠司・陽一父子+朝日新聞・岸田純之助 詐欺を始めた動機は高まる脱原発の声だった! 2011年4月14日。福島第一原発2号機、3号機の主契約者、東芝の佐…

都市緑地における変形菌(真性粘菌)の環境指標生物としての可能性

岩田 樹, 鈴木 雅和ランドスケープ研究 Vol. 71 (2008) No. 5 P 653-658 <a href="https://www.jstage.jst.go.jp/article/jila/71/5/71_5_653/_article/-char/ja/">">http://doi.org/10.5632/jila.71.653</a>

中東カタールで降雨、浸水や冠水が発生

www.afpbb.com

西之島初上陸の調査チーム、“泳いで上陸”“包み紙1枚残さず”の徹底ルール

人跡未踏の地に足を踏み入れるのは、どんな気分なのだろうか。小笠原諸島・父島の沖に出現した西之島新島に初めて調査チームが上陸した。驚かされたのは、島にたどり着くのに船から泳いで行ったことだ。本土から一切の生物を持ち込まないためだが、上陸メン…

気候変動、最新報告書が明かす5つの重大事実

地表や海面の温度、海面の水位も新記録 地球の健康診断表とも呼ばれるアメリカ気象学会(AMS)の年次報告書『2015年 気候の現状』が発表された。それによると2015年は19世紀半ば以降では最も高温だった。ほかにも二酸化炭素濃度から熱帯低気圧の発生数まで、…

中国・伝説の大洪水、初の証拠を発見 文明史書き換えか

AFP BB News.,2016年08月05日 中国の黄河(Yellow River)で4000年前に大洪水が起きたことを示す初めての証拠を発見したとの研究結果が4日、発表された。この大洪水は、夏(Xia)王朝とその後の中国文明の誕生につながったとされる。 www.afpbb.com

去年は温室効果ガス濃度が最高 最も暑い1年 米機関が分析

20時45分 去年(2015年)の地球は、温室効果ガスの濃度が最も高くなり、観測史上最も暑い1年になったとアメリカの政府機関が発表し、温暖化の傾向が続くなか、世界各地で異常気象が引き起こされていると分析しています。 www3.nhk.or.jp

二酸化炭素回収の新技術 実験開始へ | NHKニュース

www3.nhk.or.jp

温暖化防止とオゾン層保護の同時達成を目指して 代替フロン段階的削減

「代替フロン」はオゾン層を破壊するフロンに代わる新しい冷媒の決め手として世界的に普及したが、強い温室効果を持つことが最大の難点だった。オゾ ン層を保護するための国際条約「モントリオール議定書」の特別会合が22日から24日までウィーンで開かれ、環…

クウェートで気温54度を記録

jp.reuters.com

石炭火力発電でCO2回収実験へ 環境省、今年度から

環境省は25日、地球温暖化対策で、石炭火力発電所の排ガスに含まれる二酸化炭素(CO2)を回収、固定する技術(CCS)の実証実験を、福岡県内で今年度から始めると発表した。1日あたり600トン前後のCO2を回収する予定で、国内で初の大規模な実…

「防潮堤に関わることで、色々なことを学ぶことができた 」 安倍昭恵夫人

安倍昭恵さんが写真2件を追加しました。 Facebook.,2016-07-24 私たちは環境を本気で考えなくてはいけない。 東日本大震災の復旧事業ということで、環境アセスメントもなく巨大防潮堤建設が進むことに対し、考え直すべきだと発言してきた。 全て反対と言って…

量産される絶滅危惧種

世界で最も高 価な観賞魚アジアアロワナは、絶滅危惧種である一方、養殖場では毎年数十万匹が育てられ、武装した兵士に守られながら運搬されたり、違法な取引もされてい るといいます。その危険な魅力に迫りました。そのほか、自然のなかでのポケモンGO、カ…

日本の生物多様性の変化を評価する手法の開発

日本の森林性の生物について新たに開発した指数を用い、日本の森林は過去数十年間に急激な種数の減少はなかったものの、生物多様性は変化していることを明らかにしました。担当機関(独)森林総合研究所 http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025998

トキ、今年の繁殖期終了  最多39羽が巣立ち、新潟

環境省は8日、新潟県佐渡市で国の特別天然記念物トキのひな2羽の巣立ちを確認し、今年の野生下での繁殖期が終了したとみられると発表した。今年は40年 ぶりに、両親とも野生生まれの「純野生」ひなが誕生。純野生6羽を含む39羽が巣立ち、2008年の放鳥開始以…

廃棄される食品を「発酵の力」でリサイクル!! 肥料・飼料・バイオ燃料に

小泉武夫・食・マガジン 2016-07-07 微生物の作用を巧く利用して人間生活を豊かにするのが「発酵」です。その利用は食品に限りません。環境の分野では、活性汚泥法やメタン発酵といった廃水の処理が行 われ、生ごみを発酵させて得た堆肥で農作物を作る農家も…

南極のオゾンホール縮小を初めて確認

フロン規制の効果実る、「歴史的快挙」と研究者 ナショナル・ジオグラフィック 2016.07.04 南半球のオゾンホールを30年にわたって観察してきた科学者たちが、ついに南極のオゾンホール(オゾン層の穴)が縮小していることを確認した。 オゾンホールの大きさ…

「オゾン層に回復の兆し」 米研究グループ

有害な紫外線を遮る南極上空のオゾン層が破壊され、穴があいたような状態になるオゾンホールの面積が、過去15年間で400万平方キロメートル余り縮小し、オゾン層が回復する兆しを見せているとする研究結果を、アメリカの大学などのグループがまとめまし…

砂漠に「木の壁」をつくれるか?:クウェートの砂嵐への反撃

WIRED.,2016.06.24 クウェートは反撃を開始した。非営利団体「Kuwait Oasis」は、砂の流動性を抑えるために、2019年までに国境沿いに31万5,000本の木を植える活動を進めている。 http://wired.jp/2016/06/24/waterboxx/

絶対に育ててはいけない黄色い花 オオキンケイギク、在来種に悪影響

福井新聞ONLINE 6月18日(土)17時37分配信 駆除作業を行う市職員=福井県小浜市阿納尻 きれいな花にはご注意を―。国土交通省や福井県、同県小浜市では、外来種の植物「オオキンケイギク」の駆除に取り組んでいる。同市を流れる北川一帯にも 自生してお…

風呂に入れないような汚染水が 水道から出るような 場所で、どうやって 生きれるんだろうか?

風呂に入れないような汚染水が 水道から出るような 場所で、どうやって 生きれるんだろうか? 「水道水が汚染されている状態ならば、お手上げです。政府は避難命令を即刻出すべきです。」 琉球大学教授 矢ヶ崎克馬ShareTub.,2016年06月11日東京都は、都内の…

中国74都市のPM2.5平均濃度、前年より14.1%低下

中国環境保護部(省)は2日、「2015中国環境状況公報」を発表した。全国338の地級以上の都市のうち、環境大気質基準を満たしたのは73都市で、21.6%を占めた。北京日報が伝えた。 2015年の全国都市大気質は、全体的に改善された。新環境大気質基準を適用した…

グレートバリアリーフのサンゴ礁、温暖化で35%死滅

(CNN) 世界遺産に指定されたオーストラリア北東部沖のサンゴ礁グレートバリアリーフが大規模なサンゴの白化に見舞われ、サンゴ礁の平均35%が死滅していることが分かった。調査を実施した豪ジェームズクック大学の研究チームは、原因の1つとして地球…