自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

日本の生物多様性の変化を評価する手法の開発

日本の森林性の生物について新たに開発した指数を用い、日本の森林は過去数十年間に急激な種数の減少はなかったものの、生物多様性は変化していることを明らかにしました。担当機関(独)森林総合研究所 http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025998

トキ、今年の繁殖期終了  最多39羽が巣立ち、新潟

環境省は8日、新潟県佐渡市で国の特別天然記念物トキのひな2羽の巣立ちを確認し、今年の野生下での繁殖期が終了したとみられると発表した。今年は40年 ぶりに、両親とも野生生まれの「純野生」ひなが誕生。純野生6羽を含む39羽が巣立ち、2008年の放鳥開始以…

廃棄される食品を「発酵の力」でリサイクル!! 肥料・飼料・バイオ燃料に

小泉武夫・食・マガジン 2016-07-07 微生物の作用を巧く利用して人間生活を豊かにするのが「発酵」です。その利用は食品に限りません。環境の分野では、活性汚泥法やメタン発酵といった廃水の処理が行 われ、生ごみを発酵させて得た堆肥で農作物を作る農家も…

南極のオゾンホール縮小を初めて確認

フロン規制の効果実る、「歴史的快挙」と研究者 ナショナル・ジオグラフィック 2016.07.04 南半球のオゾンホールを30年にわたって観察してきた科学者たちが、ついに南極のオゾンホール(オゾン層の穴)が縮小していることを確認した。 オゾンホールの大きさ…

「オゾン層に回復の兆し」 米研究グループ

有害な紫外線を遮る南極上空のオゾン層が破壊され、穴があいたような状態になるオゾンホールの面積が、過去15年間で400万平方キロメートル余り縮小し、オゾン層が回復する兆しを見せているとする研究結果を、アメリカの大学などのグループがまとめまし…

砂漠に「木の壁」をつくれるか?:クウェートの砂嵐への反撃

WIRED.,2016.06.24 クウェートは反撃を開始した。非営利団体「Kuwait Oasis」は、砂の流動性を抑えるために、2019年までに国境沿いに31万5,000本の木を植える活動を進めている。 http://wired.jp/2016/06/24/waterboxx/

絶対に育ててはいけない黄色い花 オオキンケイギク、在来種に悪影響

福井新聞ONLINE 6月18日(土)17時37分配信 駆除作業を行う市職員=福井県小浜市阿納尻 きれいな花にはご注意を―。国土交通省や福井県、同県小浜市では、外来種の植物「オオキンケイギク」の駆除に取り組んでいる。同市を流れる北川一帯にも 自生してお…

風呂に入れないような汚染水が 水道から出るような 場所で、どうやって 生きれるんだろうか?

風呂に入れないような汚染水が 水道から出るような 場所で、どうやって 生きれるんだろうか? 「水道水が汚染されている状態ならば、お手上げです。政府は避難命令を即刻出すべきです。」 琉球大学教授 矢ヶ崎克馬ShareTub.,2016年06月11日東京都は、都内の…

中国74都市のPM2.5平均濃度、前年より14.1%低下

中国環境保護部(省)は2日、「2015中国環境状況公報」を発表した。全国338の地級以上の都市のうち、環境大気質基準を満たしたのは73都市で、21.6%を占めた。北京日報が伝えた。 2015年の全国都市大気質は、全体的に改善された。新環境大気質基準を適用した…

グレートバリアリーフのサンゴ礁、温暖化で35%死滅

(CNN) 世界遺産に指定されたオーストラリア北東部沖のサンゴ礁グレートバリアリーフが大規模なサンゴの白化に見舞われ、サンゴ礁の平均35%が死滅していることが分かった。調査を実施した豪ジェームズクック大学の研究チームは、原因の1つとして地球…

アル・ゴア: 気候変動についての楽観論

TED 6月1日 2016 今回は「夢」がテーマだと聞いて とても楽しみにしていましたが 私のセッションは 「悪夢?」だったんですね(笑) 確かに気候危機についてなら 当てはまります いくつか悪い知らせがありますが もっとたくさんの 良い知らせがあります 3つ…

あのベトナム戦争の枯葉剤が林野庁の指示で四国にもまかれていた

<驚きの現実・・・!> あのベトナム戦争の枯葉剤が林野庁の指示で四国にもまかれていた 林野庁が枯葉剤を散布 山林に埋設投棄 アメリカは、ベトナム戦争で枯葉剤の不良在庫を抱え、その処分に困った。困った挙句に、日本政府に押し付けてきた。そこで、林…

温暖化の進行、最大24兆ドルの損失 英研究チーム試算

朝日新聞(Web版)2016年4月5日 温暖化が進むと、世界の金融資産に2・5兆~24・2兆ドル(約275兆~2662兆円)の損失が出る可能性があるとの推計を、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスがまとめた。パリ協定で合意した通り、気温上昇を産…

温暖化招く「すす」の移動、スパコン使い解明 理研など

後藤一也 2016年6月1日 スーパーコンピューター「京(けい)」を使い、大気中の黒色炭素(すす)が北極圏に運ばれる様子を、理化学研究所や東京大学などのグループがより正確に試算した。すすは地球温暖化の原因の一つで、地球全体での高精度な気候変動予測…

コンビニとアマゾンが原因のゴミ屋敷が多発中!

〈清掃人は見た! あなたの近所の隠れた「汚部屋」(3)〉 ストレスだらけの現代社会では、どこにゴミ部屋を作らしめる落とし穴が口を開けているかわからない。そして、社会情勢の変化がそれを後押しする。 「単身者の急増に比例してゴミマンションが増えて…

国内CO2平均濃度 去年も過去最高を更新

気 象庁は、地球温暖化の進行を監視するため、岩手県大船渡市と沖縄県の与那国島、それに、南鳥島の3か所で、大気中の二酸化炭素濃度の観測を続けています。 それによりますと、年間の平均濃度は観測開始以来、上昇が続いていて、去年1年間の平均濃度は、…

温暖化対策「パリ協定」ことし中の発効を目標に

「伊勢志摩サミット」で発表した首脳宣言で、G7各国は去年、採択された地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」について、ことし中の発効を目標に主導的な役割を果たしていくことで一致しました。NHKニュース.,2016年5月27日

壁面緑化・霧 自然に冷却 夏の暑さ対策展

夏の暑さ対策技術をテーマに、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれている「夏の暑さ対策展2016」(主催・同実行委)は27日、2日目を迎えた。 小松精練のブースでは、壁面緑化システム「グリーンビズルーバー」が注目を集めていた。植物を植えた…

世界の侵略的外来種ワースト 100 - 生物多様性センター

世界の侵略的外来種ワースト 100 - 生物多様性センター www.biodic.go.jp/biodiversity/activity/policy/kyosei/23-1/files/1-10-2.pdf

日本の侵略的外来種ワースト100 Wikipedia 日本の侵略的外来種ワースト100(にほんのしんりゃくてきがいらいしゅワースト100)とは日本生態学会が定めた、日本の外来種の中でも特に生態系や人間活動への影響が大きい生物のリストである[1]。以下に指定された…

<インド>最高51度…国内史上最高 死者440人以上

毎日新聞 5月25日(水)20時9分配信 【ニューデリー金子淳】インド各地で記録的な高温が続き、熱波による死者が相次いでいる。地元メディアなどによると、西部ラジャスタン州ファローディで19日、国内史上最高の51度を記録。首都ニューデリーでも4月以降…

ドイツの海岸に打ち上げられたクジラの胃の中は「プラスチックのゴミで満杯」だった

2016年1月29日にドイツのワッデン海国立公園に打ち上げられたクジラ今年1月に、ドイツの海岸に巨大なマッコウクジラが死亡して打ち上げられたことがありましたが、それらのクジラの検視の結果、「胃の中が大量のプラスチック、あるいは自動車部品などで満杯…

南海トラフ 四国や東海の沖合で特にひずみ

巨大地震の発生が予想される南海トラフでは、四国や東海の沖合などで特にひずみがたまっていることが、海上保安庁が行ったGPSを使った海底の地盤の観測で明らかになりました。こうした詳しい解析が行われたのは今回が初めてで、専門家は想定される巨大地…

地球全体の二酸化炭素濃度 初めて400ppm超

地球全体の二酸化炭素の濃度が上昇し、去年12月に初めて400ppmを超えたことが、日本の人工衛星の観測で分かりました。このままでは集中豪雨や干ばつなどの異常気象のリスクが増すとして、環境省は温暖化対策を急ぐ必要があると警告しています。NHK …

街路樹の葉を用いた沿道大気中浮遊粒子の評価

―葉付着粒子の形態学的分析と葉の元素マップからのアプローチ― 松井 敏彦, 及川 将一, 齊藤 勝美 環境技術 Vol. 45 (2016) No. 2 p. 87-93http://doi.org/10.5956/jriet.45.87

「クジャク繁殖で困った!」沖縄・八重山諸島・・・200人の小島に400羽乱舞

「沖縄の八重山諸島にある小さな島で本来いないはずの生物が増えて、住民を悩ませています」と、司会の夏目三久がインドクジャクの異常繁殖による被害を報告した。人口200人の黒島に400羽もいるという。 「あさチャン!」が島に行ってみると、ミャオ、ミャオ…

干ばつによる水危機、熱波も インド

AFP BB News.,2016年05月22日 12:18 発信地:インド 【5月22日 AFP】インドは、2期続いたモンスーン期の雨不足で、全人口の約4分の1に当たる3億3000万人が深刻な干ばつの影響を受けるなど、過去数十年で最悪の水危機に直面している。 北部ラジャスタン(Raja…

「湧き水、戻ってきて」 熊本・水前寺公園で大掃除

朝日新聞デジタル 5月21日(土)16時24分配信 水前寺成趣園の池で清掃活動する人たち=21日午前10時7分、熊本市中央区、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影 熊本地震で水位が下がり、底が露出していた熊本市中央区の水前寺成趣園(じょうじゅえん)(通称・…

大気中の酸素濃度増加とプレートテクトニクスの重要なリンクを明らかに~

東京大学 日本の研究> 2016年5月19日の記事 > プレスリリース地球が地球である理由~大気中の酸素濃度増加とプレートテクトニクスの重要なリンクを明らかに~ 現在の地球は、大気中から深海に至るまで遊離酸素に満ちています。これは地球が太陽系のほかの惑…

韓国で大気汚染が深刻化

韓国で大気汚染が深刻化、「きれいな空気」の販売が急増=韓国ネット「酸素ボンベを持ち歩く時代が現実に…」「製品の安全検査はしてあるのかな」 Record china 配信日時:2016年5月10日 http://www.recordchina.co.jp/a137994.html