自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

軽量多孔質体及びその製造方法並びに担体と水質浄化材

出願番号 : 特許出願2004−153252 出願日 : 2004年5月24日
公開番号 : 特許公開2005−335969 公開日 : 2005年12月8日
出願人 : 住江織物株式会社 外1名 発明者 : 瀬戸 保太郎 外6名

【課題】 酵素、微生物等の固定対象物の固定化率を顕著に向上させることのできる軽量多孔質体及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 多孔質体は、もみ殻を350〜700℃で燃焼して得られたもみ殻灰、無機質骨材及びセメントを含む組成物が焼結されてなる粉粒体からなり、その内部に多孔質構造が形成され、粉粒体の表面に外に開口した表面気孔が多数散在して形成され、これら表面気孔が内部の多孔質構造に連通した構成とする。この多孔質体は、もみ殻を350〜700℃で燃焼して得られたもみ殻灰、無機質骨材及びセメントを含む固形原料に水が加えられてなる原料組成物を成形して成形体を得る工程と、セメントの水和反応により前記成形体を硬化させる養生工程と、前記養生を行った成形体を高温で焼成して多孔質焼結体を得る焼結工程と、前記焼結体を破砕する破砕工程とを含む製造方法で製造できる。
http://kantan.nexp.jp/kouhou.html?kh=A/2005/69/2005335969&kp=pdf