自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

温暖化対策は「国際的な公平性と実効性が基本原則」

電気事業連合会の森詳介会長に聞く

 日本の温室効果ガス排出量の約3割を占める電力業界。原子力発電所の新規立地や火力発電所の高効率化など、電力各社はこれまで排出削減への取り組みを強めてきた。そんな中、今年は鳩山政権の環境規制強化が本格的に議論される。今後の環境政策はどうあるべきか−。業界を取り巻く課題について聞いた。SankeiBiz.,2010.1.3 http://tinyurl.com/yjhw498