自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

COP15:新興4カ国、協定の対応協議 検証拒否で一致

12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で留意された「コペンハーゲン協定」を巡り、賛否などの国連への回答期限とされた1月末を前に「BASIC」と呼ばれるブラジル、南アフリカ、インド、中国の新興4カ国が24日、ニューデリーで閣僚級会合を開き、対応を協議した。4カ国はすでに明らかにしている自主的な目標値の提出に同意する一方、先進国から資金などの支援を受けても国際的な検証や目標達成義務には応じない方針で一致した。
毎日新聞 2010年1月25日
http://tinyurl.com/riibs10012501