自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

異常高温の夏、今後増加? エルニーニョや偏西風蛇行で

 1898年の統計開始後最高だった今夏の高温の原因について、気象庁の「異常気象分析検討会」(会長、木本昌秀東大大気海洋研究所教授)が3日、見解をまとめた。春まで継続したエルニーニョと、夏に発生したラニーニャ両現象の相乗効果や、日本上空付近を吹く偏西風の蛇行などの複合要因を指摘した。共同通信47News.,2010-09-03